元米国P&G会田秀和氏が語る「経営を変える、攻めの人事へ」―人材育成を強化する縦軸と横軸
Pocket
Share on LinkedIn

元P&G(ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー)米国本社の組織変革・HR担当ヴァイスプレジデント、会田秀和氏による「経営を変える、攻めの人事へ」と題した本連載(全14回)。第9回は「人材育成を強化する縦軸と横軸」というテーマでお送りします。

>>「経営を変える、攻めの人事へ」連載記事一覧はこちら

人材育成を強化する縦軸と横軸

前回お話しした戦略的能力の育成のために、われわれは次のようなてこ入れを行いました。それは「部門別教育制度」「部門別キャリア制度」「階層別マネジメント教育」「Japan Leadership College」「Top Talent制度」などです。

このうちの階層別マネジメント教育は、どの会社でも実施しているものだと思います。当社では、いちばん上の階層に当たるゼネラルマネジャー(GM)を対象とした「GM College」という、世界からGMを集めて新しい知識を吸収するグローバルな研修を実施しています。これによってP&Gを引っ張るリーダーたちを育成します。

マネジメント教育とリーダースキルの教育は別物である

すでにこれまでの連載で紹介したように、リーダーとは変革を起こす人、既存の仕組みを壊して新しいものをつくる人です。ただし、マネジメント教育とリーダーに求められるスキルの教育は、まったく別物になります。

マネジメント教育では、現在進行中の事業を成功させるためのやり方を教えます。一方、リーダーに求められるスキルの教育では、変革を起こすために、一つの見解から別の見解へ飛び移るのに必要な新しい知識を提供します。要は、古いやり方を捨て、新しいやり方を見いだすための教育です。

したがって、リーダーに求められるスキルの教育では発想を大胆に切り替えてもらえるよう、頭のマッサージのような研修を実施します。これによって新しいビジョン、新しい組織、新しい仕事のやり方を彼らがリードできるようにしていきます。

_D059905

階層別教育が横軸で、部門別教育が縦軸

GM Collegeのような階層別の教育とは別軸で、専門能力を高める部門別教育制度があります。HR部門なら「HR College」、ファイナンス部門なら「Finance College」という具合に、部門別で1年ごとに習得すべきことを定めて、テスト・評価を行います。

階層別教育が横軸だとすれば、部門別教育は縦軸です。布のように、横糸(階層別教育)だけでなく縦糸(部門別教育)を通すことで、人の能力も丈夫になります。

OJTを補う教育制度があってP&G社員の能力は高まる

P&Gの教育の要はOJTであり、実務を通じて専門能力を高めていくことがP&G流の育成です。背伸びをしなければならない、がんばらなければできないような「ストレッチングな仕事」を通じて新しい知識と技術を習得することで専門能力を高めていくことができます。常に新しい知識と技術をマスターしていけるよう、基本的に3年間ほどでほかの仕事に移る人事体制をとっています。これを補うのが全社的な教育、すなわち階層別教育や部門別教育なのです。

>>「経営を変える、攻めの人事へ」――【第10回】リーダーの育成には特別な仕組みがいる

 

【著者プロフィール】

元P&G米国本社 組織変革・HR担当ヴァイスプレジデント/AIDA LLC代表

会田秀和氏

写真_会田氏

ブリガム・ヤング大学マリオット・スクール・オブ・ビジネスで組織行動学修士を取得後、オハイオ州シンシナティ市にあるP&G本社に入社。同社において、人事および組織デザインの社内プロフェッショナルとして、P&Gフィリピンの改革、P&GジャパンとP&Gコリアのグローバル化、P&Gグレーターチャイナの改革などを手がける。現在、AIDA LLC(Aida Consulting LLC)代表として経営戦略、組織デザイン、戦略的人材マネジメントに関するコンサルティングを行っている。他にアストラゼネカ株式会社の社外取締役、ビジネス・ブレークスルー大学大学院客員教授(組織行動学)も務める。著書に『P&G流 世界のどこでも通用する人材の条件』がある。

初出『経営を変える、攻めの人事へ』(HR総研) 編集:HRレビュー編集部

冊子「先行企業が明かす採用成功ノウハウ~人材獲得競争を勝ち抜くために」を無料でプレゼント
ctabanner

「ダイレクト・リクルーティング」を実践し、人材獲得競争を勝ち抜いている先行企業のノウハウをまとめました。(事例紹介企業)すかいらーく、日本GE、ファミリーマート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、大幸薬品、西川産業、スターフェスティバル、セキチュー他

Pocket
Share on LinkedIn