【海外事例】面接で採用候補者の本質を見極める14の質問 <前編>
Pocket
Share on LinkedIn

面接官は限られた時間のなかで候補者の性格や仕事に対する姿勢を見極めなければなりませんが、容易なことではありません。候補者の本質を見極めるために、どのような質問をしたらよいのでしょうか。さまざまな業界で活躍する海外の経営者14名が、面接の際に候補者に問いかけて効果的だったと感じる質問とその意図を「前編」「後編」で7例ずつご紹介します。(後編はこちら

 

【質問1】

あなたは当社に入社して1年後、自分の功績に祝杯をあげているとします。1年間で一体何を成し遂げたのでしょうか?

-Shake Shack(ファストフードフランチャイズ会社)CEO Randy Garutti氏

候補者が当社の企業理念や経営課題を調べて理解した上で面接に臨んでいるのかどうかを確認しなければなりません。

候補者は、順調に進んだ1年間をただ思い描くのではなく、当社の現状を十分に理解した上で、大局観を持って戦略を考えられるのかが試されます。

そして、この質問を通して、候補者が当社で何を成し遂げたいのかを再確認してもらうのです。」

 

【質問2】

これまでの人生で、最も満ち足りた瞬間を教えてください。

-Cross Partnership(投資ファンド会社)創業者兼CEO Dick Cross氏

面接の序盤では候補者のスキルを推測できるような質問を投げかけます。

そして、優れた能力を持つ人材だと判断したら、当社の社風にマッチする人物であるかどうかを見極めることに集中します。この質問では、当社のカルチャーや働いている社員の価値観とマッチするかを計ります。」

 

【質問3】

当社があなたの希望通りの業務内容や職場環境、そして給与形態で内定を出したとします。他社からもオファーがあった場合、どのようなことで悩みますか?

-Ciplex(Web制作、Webマーケティング会社)創業者 Ilya Pozin氏

「候補者が最高の職場環境で働くことと、高い給与のどちらを重視しているかを知りたいのです。」

 

【質問4】

あなたがロールモデルにしている人物を教えてください。

-Hearsay Social(モバイルコンテンツ制作、ソーシャルマネジメント会社)共同創業者兼CEO Clara Shih氏

「この質問によって、候補者がどのような性格で、どういったプロ意識、向上心を持って成長しようとしているのかを見極めています。」

 

【海外事例】面接で採用候補者の本質を見極める14の質問<前編>_2

 

【質問5】

あなたがしたくないことは何ですか?

-Bullhorn(マーケティング会社)創業者兼CEO Art Papas氏

「仕事に対する役割や内容を候補者は好んでいると私たちは思いがちですが、実はそういった候補者は非常にまれです。

私は面接の際、さまざまな角度から質問を投げかけ、候補者の本質を引き出そうと努力します。

その結果、営業職を希望するある候補者は、実は初対面の人と会うこと自体が好きではないと話しました。また、経理職を希望する候補者は、細かい作業と自分の業務を他人に監視されることが嫌いだと答えました。」

 

【質問6】

これまでのキャリアの中で、あなたが担当した最も大きなプロジェクトとその成果について聞かせてください。

-MyCorporation(文書管理サポート会社)オーナー兼CEO Deborah Sweeney氏

「この質問は、候補者をより深く理解するための切り口として利用しています。

この後には、『あなたが達成した成果を今回希望するポジションでどのように生かしますか?』『それによって企業にどのようなインパクトを与えましたか?』『そのプロジェクトに関わっていたチームメンバーはどのような人たちで、彼らはこのプロジェクトに対し、どのように貢献しましたか?』といった質問へつなげるのです。

質問を展開していくことで、仕事に対する態度や仕事で関わる人たちへのふるまいといった内面的な情報を得られます。」

 

【質問7】

どのように○○しますか?

-Le Bernardinl(ミシュラン3つ星レストラン)シェフ兼オーナー Eric Ripert

「面接で毎回必ずする質問というものはありません。なぜなら、面接とは人と人とが出会う一期一会の場であり、手続き的な作業ではないからです。

候補者にはスキルや教養に加え、仕事に対する情熱を持ち、かつ主体的に行動ができる人材であることを求めます。

そのため、私は毎回、候補者が素晴らしいパフォーマンスを出せる人材であるかを見極めるため、料理やサービスを提供するまでのプロセスについて聞けるような質問を慎重に投げかけます。」

 

まとめ

どの質問も、シンプルに見えながらも、候補者の本質を見極める回答を引き出すものでした。面接では、質問の意図を意識しながら、候補者の回答に耳を傾ける必要があるようです。前編では14の質問のうち7つまでをご紹介しました。後編ではさらにユニークな質問を7例ご紹介いたします。(2015年5月)

後編はこちら
 

(翻訳・執筆:望月美奈子、冨田有香)

 

引用:

14 Revealing Interview Questions

==============================================
「人材獲得競争の勝ち方~会社の未来に差をつける新時代の採用ノウハウ~」を無料でプレゼント中!
ctabanner

人事戦略は経営戦略である、という考え方のもと、母集団形成、決定率の向上、面接官の目線合わせの方法など、攻めの採用戦略に不可欠な考え方・手法・先進事例をご紹介ぜひご覧ください。

==============================================

Pocket
Share on LinkedIn