リファーラル採用を成功させるには、浸透と継続を助けるシステム作りが重要
Pocket
Share on LinkedIn

売り手市場が続く昨今、母集団を確保するには、さまざまな採用チャネルを組み合わせた採用活動が不可欠であり、求人広告や企業説明会など相手からのアクションを待つ採用手法だけでなく、採用する側から働きかける採用手法の重要性が高まっています。

今回は、採用する側から働きかける採用手法の一つとして注目を集める「リファーラル採用」について、メリット・デメリットや準備すべきポイントをご紹介します。

自社の社員を使い優秀な人材を発掘する、リファーラル採用の仕組みを知る

紹介・推薦などの意味を持つ「リファーラル(referral)」を由来とする「リファーラル採用」とは、社員の人的ネットワークを通じて人材を探し、採用する手法です。求める人材の要件を社員に伝え、適性のありそうな友人や元同僚などを紹介してもらう点が、質の高い応募者確保の困難さを補う手法として注目を集めています。

「紹介による入社」というと縁故採用のイメージが根強いかもしれませんが、血縁者など自身に近い相手を紹介し、被紹介者の適性やスキルにかかわらず「雇わざるを得ない」状況が想定される縁故採用に対し、リファーラル採用における紹介は「紹介=採用」ではありません。社員の人材ネットワークを活用して候補者を集めますが、企業への適性やスキルを見極める採用選考を実施し、基準に満たない場合は採用を見合わせることもあるのは、その他の採用チャネルの場合と同様です。

日本ではまだ浸透していませんが、海外では一般的な人材獲得手法の一つとして定着しており、労働力人口の減少とともに優秀な人材の確保がいっそう困難となるなか、今後の普及が見込まれています。

コスト削減、採用効率アップに注目。リファーラル採用のメリット・デメリットとは

続いて、リファーラル採用の実施により、どのようなメリットが期待でき、またどのようなデメリットが危惧されるのかを具体的に確認してみましょう。

<メリット>

  • 採用関連コストを削減できる
    採用活動にかかるコストを削減できる点は、リファーラル採用の大きなメリットです。社員からの紹介によるリファーラル採用では、求人広告や人材紹介会社の利用料、企業説明会を開催するための費用など、間接的採用コストの大半を削減できます。自社の社員によるチェックを経ている候補者は、一般的な採用活動で行われる書類選考や一次面接が免除されるケースも多く、選考に必要な人件費や会場費などの直接的採用コストも削減が見込めます。
    また、後述のように入社後に活躍・定着する可能性が高く、採用後にかかる育成コストの軽減や、早期離職となった場合に生じる新たな採用コストの発生を抑える効果も期待できます。
     
  • 転職潜在層と接点が持てる
    リファーラル採用でターゲットとなるのは、転職したいと考え、行動に移している人材だけではありません。「自分の会社でこんな人材を探しているけれど興味はないか?」と、とりあえず声をかけられるのは、社員の知人を対象とするリファーラル採用ならではです。その時点では転職活動をしていない層にもアプローチができ、転職市場に出てこない優秀な人材と接点が持てるメリットがあります。
     
  • 希望に合う人材にピンポイントで接触できる
    リファーラル採用で紹介される候補者は、自社をよく知る社員によるフィルターを通過しています。自社の求める人材要件に合致する見込みの高い候補者に、すぐに個別アプローチが可能なため、書類選考などは不要な場合もあり、効率的な採用活動につながります。
     
  • 入社後の活躍の可能性が高く、早期離職のリスクが低い
    業務や社風をよく理解した社員が適性を見込んで紹介する人材は、「採用に至ったものの適性が不足していた」などのミスマッチが少なく、活躍の可能性が高い点もメリットの一つです。また紹介者を介して自社の様子を詳しく伝えられるため、候補者が入社後にギャップを感じることが少なく、入社時点で知人がいるためサポートを得やすいなど、早期離職のリスクを減らすことができ、人材の定着が期待できます。


<デメリット>

  • 紹介者との人間関係が存在する
    紹介者と被紹介者の人間関係が存在するため、その関係性の変化が業務に影響する場合があります。関係性の悪化によりどちらかが離職する、また反対に良好な関係ゆえに一方の退職にもう一人がついていってしまう可能性などがある点は、リファーラル採用のデメリットといえるでしょう。
     
  • 人材の同質化を招く場合もある
    一般的に、人は自身と同じタイプや、近い思考を持つタイプに好意を感じる傾向があるといわれ、自分の職場に誘いたいと思う相手が紹介者に似た人材である可能性は高くなります。リファーラル採用によって入社した人材が、自身と似たタイプの知人を紹介するといった繰り返しにより、社内の人材の同質化が進み、思考の硬直化や偏りを生む可能性があります。これもデメリットの一つで、人材の多様性を意識した採用で補うべきポイントとなります。

事前の対策が成否を分ける、リファーラル採用に向けて準備すべきポイント

リファーラル採用は、単純に知人を紹介してもらえばよいわけではありません。効率的に成果をあげるため、事前に準備しておくべきポイントを確認しておきましょう。

なお、リファーラル採用の成功には、長期にわたる社員の協力が不可欠です。立ち上げ期には多くの紹介を得られたものの、持続できずに衰退するということにならないよう、社員への継続的なアプローチのしやすさも重視して、ルールや仕組みを作成しましょう。

  • 社員の意識改革を図り、リファーラル採用の意義を浸透させる
    紹介する社員のやる気とフィルター機能の正確さがリファーラル採用の成功には欠かせません。「人を紹介してほしい」だけでは、旧来の縁故入社と同じイメージを持つ人が出てきます。また、「面倒なことをしたくない……」と考える人も出てくるでしょう。「優秀な人材の確保につながるリファーラル採用は、自らが自社を発展させるために行うべきことだ」という文化を社内に定着させるため、社員の意識改革の推進が必要です。
     
  • ミスマッチを生む認識の違いを取り除く、情報共有の仕組みを構築
    リファーラル採用における候補者の質は、紹介する社員の判断によって担保されます。企業のニーズと紹介者の認識に相違があると、ミスマッチが発生してしまいます。自社が求める人材に対する基本的な理解の徹底、また各求人の人材採用要件(必要なスキルや経験など)を、分かりやすく、随時入手可能な状態で共有できる仕組みの構築が重要です。
    また、候補者に求人情報を伝達する際も、社員と対話をしながら紹介に必要な情報を考えていくことが大事です。「自社の悪い面はあえて触れずにおこう」など、紹介者の判断で伝える情報を限定することなどがないよう、認識の統一を図りましょう。
     
  • 社員のモチベーションと公平性を確保するルール作り
    リファーラル採用に協力する社員が、人材を紹介するためのモチベーションが保てる仕組みを作ることも必要です。紹介実績に応じてボーナスなどを提供している企業や、紹介状況を公開して評価し、社員の士気向上につなげている企業もあります。
    ただし、すべての社員に紹介できる知人がいるわけではないため、紹介者へのボーナスや特別な評価などは、不公平と感じる社員を生み出す場合もあります。効果的に実施するためのルールをよく検討し、事前に定めておく必要があります。
     
  • 他の採用チャネルとの組み合わせを円滑にする管理体制
    リファーラル採用は、推進するのに社内の工数がかかる、候補者への初回アプローチから入社に至るまでのリードタイムが長い、またそれに伴いフォロー期間も長くなる、常に候補者がいるとは限らないなど、何月何日までに必ず何人を集めるといった計画採用には向かない側面があります。リファーラル採用だけに頼ることは現実的ではなく、その他の採用チャネルと組み合わせた運用が必要です。複数のチャネルから集まる情報を一元的に管理できる仕組みを構築しておくと効率的です。
     
  • 社員に負荷をかけない、紹介しやすい仕組みの構築
    紹介するのに大変な手間がかかる、敷居が高いイメージが強いなどの理由でリファーラル採用の比率が上がらないという事態を避けるため、求人情報を常に簡単に把握できるようにする、紹介手続きにかかる作業を簡略化するなど、社員が利用しやすい仕組みを構築することも必要です。継続的な協力を得るため、長期にわたる運用が可能かどうかも考慮しましょう。負担が少なく効率のよい仕組みの構築にはITの導入も有効です。
    このような個々の準備に加え、社員が満足できる企業であることもリファーラル採用の成功には欠かせません。自身の大切な知人に紹介したい企業だと思ってもらうため、社員の満足度向上を図ることは、リファーラル採用の基本条件となります。

社員向けアカウントの発行で社員の負担減を実現。「HRMOS採用管理」で人材紹介をサポート

株式会社ビズリーチでは、「HRテックで採用を強くする」をコンセプトに、多様な採用チャネルの効率的な活用に貢献する「HRMOS(ハーモス)採用管理」というクラウドサービスを提供しています。社員による人材紹介に役立つ機能も豊富に備え、リファーラル採用の効率的な実施、成功に貢献します。

<リファーラル採用に役立つ「HRMOS採用管理」の機能>

  • 求人一覧を作成でき、社員への共有が簡単に
    今、社内にどんなポジションがあり、どのポジションが人材を募集しているのかがわかる情報を簡単に作成できます。またその共有機能により、常に最新の状況を社員に知ってもらうことも手間なくできます。
     
  • 社員向けアカウントの発行により、HRMOS経由での紹介が可能に
    社員向けアカウントを発行することで、社員による人材紹介もHRMOS採用管理経由で行えます。事務手続きや所要時間の削減が図れ、少ない負担で紹介が可能です。紹介者が入力した情報は、他の採用チャネルからの選考と同じようにHRMOS内に集約されるため、人事担当者の負担も削減できます。
     
  • レポート機能で社員紹介の状況が分析可能
    社員の紹介実績などを可視化できるので、社員のモチベーション向上施策、紹介への動機づけにも活用できます。

【関連】「HRMOS採用管理」製品・サービスサイト


採用を強くするHRMOSセミナー

Pocket
Share on LinkedIn