「見える化」された採用市場での採用活動とは
Pocket
Share on LinkedIn

「こんな人を採用してほしい」。事業部からこのようなオーダーがあったとき、皆様はどのように採用活動を始めるでしょうか。多くの方が「人材紹介会社に求人枠を案内する」「求人媒体に募集中の職種情報を追加する」といった対応をされるかと思いますが、一方で以下のような悩みや課題を抱えていませんでしょうか。

  • 応募・紹介が来るまで選考活動が始まらない
  • 自分たちが求める条件に合わない人から応募が来る
  • 人材紹介会社からなかなか紹介されない

「募集中の職種情報を告知して、該当者からの応募を待つ」という採用手法は、業務負担こそ少ない効率的なやり方のように思えますが、優秀な人材が一部の大手企業などに一極集中してしまっている現在、本当に採用したいと思える人材の獲得はますます難しくなっています。これではいつまで待てば成果が出るのかわかりません。

さらに、条件に合う人材からの応募があるまで、あるいは、人材紹介会社からの紹介があるまで、どのような人がどれくらい採用市場に存在するのか、企業にはわかりません。

そのため、求人サイトや求人広告、人材紹介会社の利用だけでは、採用活動はリスクヘッジがとれない、常に「賭け」のような状態であり、社内にノウハウが残らないスポット的なものになってしまいます。

このように日本の転職市場は可視化されていなかったため、特にハイクラス人材の採用は企業が主体的に行いにくく、求職者も限られた選択肢から次のキャリアを見つけるしかありませんでした。
 

採用力がつく「ダイレクト・リクルーティング」

一方、海外の主流は「ダイレクト・リクルーティング」です。さらに、ここ数年で日本の大手企業だけでなく、ダイレクト・リクルーティングを軸とした採用活動を積極的に行う中小企業や地方企業も増えてきました。

求人広告や人材紹介会社だけでなく、企業自ら人材データベースやSNSなどを利用して、候補者と直接接点を持ちます。企業が候補者の志向や能力を見極める機会が増えるため、採用のミスマッチを減らせるメリットがあります。

ダイレクト・リクルーティングを推進する際には、採用戦略の設計から母集団の形成、候補者との連絡など、採用担当者の業務負担は増える可能性が高くなりますが、こういった業務を企業自らが行うことは、企業、そして採用担当の採用力のアップにつながるといえるでしょう。

そこで株式会社ビズリーチは、即戦力人材に特化した人材データベースを、人材紹介会社のみならず企業にも公開することで、日本のハイクラス人材の転職市場の可視化を実現しようとしています。
 

企業が直接アプローチするメリット

企業が人材データベースを直接閲覧できる最大の利点は、求める人材を企業自ら絞り込み、直接アプローチできる点です。具体的には以下の2つが挙げられます。

  • より多くの優秀な人材と出会える可能性が高まる
  • 候補者に自社の魅力を直接伝える機会が得られる

企業自らが人材データベースへアクセスして求める人材を検索することによって、これまで人材紹介会社からは紹介されなかったような人材に出会える可能性が高まります。

人材紹介会社の場合、紹介した人材が採用されるとその候補者の年収の30%が成功報酬となることはご存じのことと思います。そのため人材紹介会社は、優秀な人材には採用確率、年収ともに高いポジションを紹介する傾向があります。

これは、採用市場における認知度に悩む中小企業には非常に不利な状況ではないでしょうか。しかし、こういった不利な状況を打破できるのが、人材データベースの利用による候補者への直接アプローチなのです。企業自らが自社の魅力を発信し、転職潜在層を口説くことが可能になります。

「ご縁」や「出会い」など受け身のイメージがありがちな採用ですが、待っているだけでは「出会い」はやって来ません。採用は、経営資源である「ヒト・モノ・カネ」の「ヒト」に関わる重要なミッションです。人材紹介会社による紹介や応募者の行動のみに頼るのではなく、ビズリーチの人材データベースを活用し、企業自身による主体的なアプローチに、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 


欲しい人材がビズリーチに何名いるか、無料検索してみませんか?

Pocket
Share on LinkedIn